CHECK

外張り断熱で家づくり!?知っておくと必ず役立つ注文住宅のお役立ち情報をご紹介

こちらのサイトは、新しいマイホーム購入を検討されている人や注文住宅で家づくりを検討されている人など、知っておくと必ず役立つ情報を幅広くご紹介しています。
外張り断熱の家は、柱や梁などの構造体を保護できるメリットがあります。
断熱効果を高めたい場合はW断熱を採用することで理想の家が完成するなど幅広くご紹介しており、このような家のメリットやデメリットなどにも触れているので、現在マイホームを検討されている場合など参考にされることをおすすめします。

外張り断熱で家づくり!?知っておくと必ず役立つ注文住宅のお役立ち情報をご紹介

断熱性の高い注文住宅を建てたい、断熱材の施工方法に関心を持っているなど外張り断熱で家づくりを検討されている人も多いのではないでしょうか。
外張り断熱は、建物の柱の外側部分から家をすっぽり包み込むよう断熱する手法です。
高い断熱性能を持つので暖められたり冷やされたり、空気の流出量を抑制できるため冷暖房のエネルギーを抑えられるので光熱費の削減効果への期待も高まります。
現在、注文住宅で家づくりを検討されている人などは外張り断熱について調べてみると良いでしょう。

注文住宅で取り入れたい外張り断熱とは?

注文住宅では施工主のライフスタイルや要望に合わせた住宅が建築できるため、熱さや寒さを遮断する高断熱の工法を選ぶことができます。
高断熱住宅では、外気の影響を受けにくいため夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるのが特徴です。
注文住宅で一般的に使われている断熱工法は2種類あり、壁の内部に断熱材を入れる工法と壁の外側に断熱材を張り付ける工法があります。
外張り断熱工法では家全体の温度差が生じにくいことから、屋根裏や床下も室内と同じような利用が可能です。
また、家の内部も結露の防止ができるため構造材の腐食が防げるメリットがあり、家が長持ちしやすくなります。
防湿や気密工事も行いやすく、壁内部に断熱材を充填する工法と比べ壁の中への配管や配線工事も容易です。
ただし、施工の手間がかかる上に工法が特殊なため、外張り断熱に慣れた建築会社を選ぶことが大切になります。
壁の外側に断熱材を張り付けることから、壁が厚くなるので、スペースに余裕がある住宅におすすめです。

充填断熱は注文住宅の外張り断熱の対になる断熱方法

最近は、外張り断熱が流行になっていて注文住宅の断熱で選択される人も多いようです。
従来は充填断熱が主流でしたが、これらを組み合わせたW断熱への注目が集まっていて注文住宅の断熱施工法として採用しているハウスメーカーや工務店も少なくありません。
注文住宅で家づくりをするとなったときには、W断熱とは何を意味するものなのか採用しない場合でも知っておくと役立ちます。
これは内側と外側両方から断熱することを意味する、2つを組み合わせると1年を通じて快適で過ごしやすい空間を持つ家づくりが実現するなどの魅力もあります。
従来、日本の中で主流になっていた充填断熱は、柱の間に断熱材を入れるやり方です。
既存の柱に断熱材量を入れるなどから充填の名が付いているわけですが、ダブル断熱には欠かすことができない施工法といえましょう。
なお、2つを組み合わせると省エネ効果が期待できることや断熱性能が向上すること、そして結露が発生しにくくなるなどのメリットに繋がります。

断熱効果が期待できる点は注文住宅で外張り断熱にするメリットの一つ

注文住宅で断熱効果を高めたい場合は、柱の外から家全体をすっぽり包むこむように断熱する外張外張り断熱がおすすめです。
この手法の対になるのは充填断熱で、壁の内側の柱と柱の間や天井の隙間などに断熱材料を埋め込む手法です。
この2つを組み合わせたものがW断熱で、注文住宅で断熱効果をさらに高めたいときに有効な手法です。
冬時期の寒さ対策で例えると、外張り断熱は服を着込んで外側から温める方法で充填断熱は脂肪を増やして体の内側から温める方法、このように考えることができます。
充填断熱は隙間に材料を埋め込むなどからも、施工コストを抑えることができるメリットがあります。
なお、断熱での効果が高いことは外張り断熱で注文住宅の家づくりを行う最大のメリットになりますが、他にも気密性が高くて家が長持ちしやすくなる、柱および梁などの構造体の保護ができるなどのメリットに繋げることができます。
中でも、家が長持ちするのでメンテナンスなどの費用を節減できる効果も期待できます。

外張り断熱の注文住宅は家が長持ちしやすいメリットがある

注文住宅で断熱性を高めると、家の内部が暑さや寒さの影響を受けにくくなり、一年を通して快適に過ごせるようになります。
高断熱住宅にするには、壁の内部に断熱材を入れるか、壁の外側や屋根など住宅全体を断熱材で覆う工法が一般的です。
壁の外に断熱材を張り付ける工法は外張り断熱工法と呼ばれ、家全体を包むようにすることで外気を遮断します。
外張り断熱には様々なメリットがあり、その一つが家が長持ちしやすくなることです。
壁の内部に断熱材を入れる充填断熱の場合、柱や梁が外と住宅内の温度差が出る位置にあるため結露が生じることが多く、結果としてカビや腐食が起こりやすくなります。
日本の家屋は充填断熱工法の建物が多く、住宅寿命の短さの原因の一つと考えられてます。
外張り断熱の注文住宅の場合、柱や梁などが温度差の影響を受けない位置にあるので、腐食するのを防止することが可能です。
さらに、防湿加工も容易なので、湿度が高い地域に建築した注文住宅でも、さらに結露が起こりにくくなるメリットがあります。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅で家づくり!

こちらのサイトは、新しいマイホーム購入を検討されている人や注文住宅で家づくりを検討されている人など、知っておくと必ず役立つ情報を幅広くご紹介しています。
外張り断熱の家は、柱や梁などの構造体を保護できるメリットがあります。
断熱効果を高めたい場合はW断熱を採用することで理想の家が完成するなど幅広くご紹介しており、このような家のメリットやデメリットなどにも触れているので、現在マイホームを検討されている場合など参考にされることをおすすめします。

Search